ウエストを細くする方法・筋トレ

くびれ ウエスト トレーニング

ウエストを細くする方法・筋トレ

こんにちは!パーソナルトレーナーの柴山です!今回はウエストを細くする方法について書いていきます。

まず、ウエストを細くするためには胴回りのサイズを落とすことが大事です!

簡単に言うと

“お腹周りの脂肪を落とせば問題無し!

ということは皆さんご存知かと思いますので、今回は少し違った内容で書いていきます。

ウエストを細くするために考えられることは

①皮下脂肪を落とす

②内臓脂肪を落とす

③肋骨を締める

④内臓の位置を正しい位置に戻す

簡単にこのような感じでしょうか。

①と②は脂肪燃焼が必要なので今回は置いておいて、”③肋骨を締める” ”④内臓の位置を正しい位置に戻す”この2つについて書いていきます。

◎肋骨を締める

まず、肋骨を締めるということはどういうことでしょうか?

肋骨は可動性があり、上部の方は前後に、下部に行くに従って横に動いていきます。これを確認するためには深呼吸をしてみるとわかりやすいです。大きく息を吸うと肋骨は広がり、息を吐くと肋骨は内側に閉じていきます。この肋骨の動きを更に出してあげると肋骨が締まりが強くなり、ウエストが細くなります。

この動きを出すためには”パーソナルトレーナーに肋骨を締めてもらうことが1番良いです。”

ですが、ホームトレーニーやフィットネスジムに通っている方はなかなか難しいですよね…

そんなときには筋トレをすると良いでしょう。鍛えるべき筋肉は腹斜筋で、中でも内腹斜筋を鍛えることをおすすめします。

内腹斜筋を鍛えるためには上半身を動かすよりも骨盤自体を上半身に近づけるように側屈していきます。

↑これが側屈です。この動きを段差の上で片足立ちになり、浮かせた足側の骨盤を上に引き上げるように動かすと内腹斜筋を鍛えることができます。

◎内臓の位置を元の位置に戻す

内臓の位置が下がってくると↑の写真のように下っ腹が出てぽっこりお腹になってきます。では内臓の位置を元に戻すためにはどうしたら良いのでしょうか。答えは…

“腹横筋”を鍛えればOK!!

腹横筋を鍛えることにより、内臓の位置が正しい位置に戻り、お腹はすっきり、ウエストも細くなります!

具体的にどうやって鍛えるのかというとこれはとても簡単で

“とにかくお腹をへこませてキープする”

これが1番簡単な方法です。腹横筋の鍛え方としてベタなのがドローインをおこなうというものですが、お腹をへこませたままでキープするというのがどこでもいつでもできる方法なので1番良いのではないかと私は考えます。

ぜひ実践してみてください!

以上パーソナルトレーナーの柴山でした!

福岡市中央区薬院駅近郊のBMSボディメイクスタジオや春日市春日原駅近郊のNCCAコンディショニングセンター福岡南にてパーソナルトレーニングを提供している5toolgymです。ダイエット、筋力アップ、身体引き締め、姿勢改善、パフォーマンスアップ、栄養指導などまずはご相談ください。

福岡 博多 天神 大名 今泉 薬院 高砂 白金 春吉 住吉 中洲 桜坂 六本松 大濠公園 春日 春日原 大野城