身体の表面・皮膚の冷たさ、冷え性について

冷え ボディケア

5toolgymトレーナーの柴山です。

今回は身体の表面・皮膚の冷たさ、冷え性について書いていきます。

 



冷えの原因

身体の冷えの原因は実は季節とは関係ありません。
冷え性は冬などの寒い季節だけだと思われがちですが、最近では夏の冷え性を訴える方も多くいらっしゃいます。
夏の冷え性の主な原因として冷房が挙げられます。男性は特に気にならないかもしれませんが、女性は夏場の室内でもカーディガンや膝掛けなど肌を露出させないような対策をせれている方が少なからずいらっしゃいます。
男性と女性では基本的に筋肉量が違うので、身体の中で熱を発生させる能力が違います。
つまり、女性は身体を冷やしやすいということです。
また、どの季節でも身体の冷えに共通しているのが、寒暖差が大きくなることで自律神経をうまく働かせることができず、体温調節ができなくなるということです。
ちなみに7度以上の寒暖差があると自律神経が上手に働かないと言われていますので、注意してください。夏は冷房との寒暖差、冬は暖房との寒暖差に気をつけてください。
他にも運動不足や栄養バランスの崩れた食事、冷たい食べ物・飲み物の摂りすぎも要注意です。

 




身体が冷えることによって引き起こされる不調とは?

身体の冷えによって引き起こされる身体の不調は様々です。
むくみや肩こり、腰痛、薄毛・抜け毛、ドライアイ、イライラ、不眠、倦怠感、月経不順、PMS、便秘、下痢、肥満、肌荒れなどなど・・・
もちろん身体の冷えだけが原因かどうかは判断できませんが、先ほど挙げた以上の不調が出ると言われていますので、改善できた方が良いのは間違いないですね。

 



身体の冷えの改善方法とは?

身体の冷えを改善するために必要なことは血行の改善です。
血行を改善するための5つの生活習慣は以下の通りです。
・水分補給をこまめにする
⇨水分は体温調整に重要。排尿や汗などで体温調節する。
・締め付けの少ない履き物を身につける
⇨締め付けがきついと血行が悪くなるためなるべく避ける。
・なるべく身体を動かすようにする
⇨長時間同じ姿勢を続けていると身体が硬くなり、血行が悪くなる。こまめなストレッチやなるべく歩くようにするなど身体を動かすように心がける。余裕があればふくらはぎを動かす運動などを取り入れるとさらに良い。
・足を高くして寝る
⇨寝る際に毛布やクッションなどを膝から足先に入れてあげると滞りやすい血流やリンパの流れが改善されやすい。
・入浴をする
⇨熱すぎないお湯(38度前後)に10分から15分ほどゆっくり浸かると全身の血行が良くなります。

 



また、生活習慣以外で改善を進めるならおすすめのサプリメントがあります。
・ビタミンE
⇨最優先で摂りたいサプリメント。病院に行くと安めの合成ビタミンEを処方してもらえる。自分でサプリメントを購入して摂る場合は1日に1200IUが目安。
・アルギニン
⇨朝起きて5g、運動する場合は運動前に5g摂ると効果が出やすい。
・シトルリン
⇨アルギニンと代替が可能。
・ナイアシン
⇨1日に1000mg程度摂取したいが、一度に多く摂取するとナイアシンフラッシュ(肌が火照ったり、痒くなったり、ピリピリする)が起こりやすいので、こまめに少量ずつ摂るようにする。最初は1回100mg程度から始めると良い。

 



まとめ

身体の冷えの原因は寒暖差が主。寒暖差が7度以内に収まるような服装を心がける。また、血行の問題も冷えにはあるので、5つの生活習慣を心がけ、さらに改善を進めたい場合はサプリメントを摂るのも手のうち。ぜひ、実践してみてください!

以上、身体の表面・皮膚の冷たさ、冷え性について書いていきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。